老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

入居一時金のクーリングオフ

 

【クーリングオフとは】

 

クーリングオフ(または、クーリング・オフ、Cooling Off)とは、消費者が業者となんらかの契約した後、頭を冷やして冷静に考え直す時間を与え、一定の期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度です。

 

プロである業者と、老人ホーム選びに慣れていない消費者では、情報量や交渉力、資金力がまったく違います。業者にいいように騙されてしまわないよう、騙されたとしても一定期間は契約をやめることができるのです。

 

法律では、一度契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが原則ですが、この原則に例外を設けたのがクーリングオフ制度です。

 

 

 

【入居一時金のクーリングオフについて】

 

入居一時金にも、クーリングオフが適用されます。契約してから90日以内に契約を解除した場合、一時金は一定の費用を除いて全額返還されます。

 

これは、入居者が契約してから90日以内に死亡した場合にも該当します。「契約解除なら全額返還するが、死亡の場合は返還できない」というのは間違っています。騙されないようにしてください。

 

クーリングオフは、消費者にとって安心の制度ではありますが、本来ならクーリングオフを使わない、契約を解除しない(やめない)のが一番。

 

「クーリングオフするような業者を選ばない」ことが、なによりも重要なことを忘れないでください。

 

 

 

【契約から90日を過ぎたらどうなる】

 

通常、入居一時金は入居時にその一部が初期償却されます。そして、ふつうは残りの金額を償却年数で少しずつ償却します。

 

もしも、償却年数が残っている途中で入居者がホームを退去した場合、未償却金が残っていれば返還されます。

 

ただし、施設や運営会社によって入居一時金の扱いと償却方法が異なります。なかには、最初の一年で「90%償却」と決めているところもあったりするので注意が必要です。

 

入居前には必ず、一時金の内訳や償却期間についての確認をします。書面に記載されているかもチェックしておきましょう。

 

>>>入居一時金の保全義務


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら