老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

月額費用などの追加・改定リスク

 

【追加費用のリスク】

 

入居してみると「契約時に説明された費用と大きくちがった」ということがあります。

 

原因は、実際にかかる費用をきちんと教えてくれるホームと、契約してほしいために費用を少なく教えるホームがあるからです。

 

月額費用以外にもお金はかかります。

 

最初から費用が高いところは追加はまずありませんが、安く教えるところは後から費用が追加され、高額になりがちです。

 

そこで、じっさいにいくらかかるか見積もりを出してもらいましょう。入居一時金の償却分や、介護が必要になったときにどれくらい費用がふくらむか、数字で見せてもらいます。

 

もしも断るホームなら入居を見合わせましょう。また周辺施設と比較して、あまりにも月額費用が安いところは、入居してから費用が追加されるリスクがあります。

 

 

 

【費用改定のリスク】

 

国に利用料が定められている特別養護老人ホームなどの老人福祉施設。これに対して、有料老人ホームは、介護報酬以外の費用について事業者が決めています。

 

そして値上げ・値下げといった改定についても、事業者と入居者との契約です。もしも経営が失敗したとき、利用料があげられる可能性もあります。

 

月に数千円ならまだしも、数万円では退去しなければならない人もいるでしょう。値上げするさいの根拠や計算方法など、契約時に確認しておきましょう。

 

 

 

【明朗会計ではない事業者もある】

 

有料老人ホームは「入居一時金の償却方法」と「退去時の返還金」について、説明不足の事業者があります。またサ高住は「生活支援サービス費の内訳」が、あいまいです。

 

金額が金額なので、納得いくまで説明を求め、書面に残しましょう。

 

>>>強制退去のリスク


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら