老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

入居条件の優先順位を決める

 

【入居条件の優先順位を決める】

 

施設や住宅に入るといっても、全国どこでもいいわけではありません。

 

自分の身体状況、経済状況の棚卸しをしたら、つぎに入居する条件の優先順位を決めておきましょう。

 

・どのあたりに住みたいか
・自宅から近いか
・コンビニが近くにあるか
・週に一度は自室で晩酌したい
・自然豊かで静かな場所にある

 

などです。

 

入居してから後悔しないためにも、自分の「これだけは譲れない」というこだわりはハッキリさせておきます。

 

【優先順位チェックポイント】

 

・環境と立地

 

現在の住まい、子どもの家に近い場所がいい、買い物に便利な場所がいい、郊外がいい、駅の近くがいい、街中がいい、など。

 

・経営の健全性

 

入居率が一般に80%以下だと、その老人ホームは赤字の可能性があります。有料老人ホームの平均入居率は、88%程度と覚えておいてください。

 

会社四季報で、親会社のここ数年分の決算をチェックしましょう。何年も赤字が続いているようだと、他社と合併したり、倒産する危険性もあります。

 

・費用の妥当性

 

入居一時金や月額費用が近隣相場と比較して高いか、安いか。サービスにみあった料金だろうか。

 

・職員の離職率はどれくらいか

 

離職率の高い職場は、何かあるかもしれません。スタッフを大切にするところは、入居者も大切にします。

 

開業から15年以上で、ベテランがいてもおかしくないのに、3年程以下の勤務実績者しかいないところも注意が必要です。

 

・バリアフリーの対応がされているか

 

・介護体制はしっかりしているか

 

>>>老人ホームの情報を収集する


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら