老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

施設・住宅選びで失敗して後悔する家族の共通点

 

【老人ホーム選びの心得】

 

施設にしても住宅にしても、「失敗した」と後悔する家族の多くが、同じ過ち、同じ失敗をしています。

 

昨日まで元気だった家族が突然倒れ、要介護状態に。病院からは退院を求められ、あわてて民間のホームを探しはじめます。

 

そして、施設やホームの違いなどの知識もないまま見学。ふだん、ホームに常駐しない背広を着た営業マンに耳触りのよい営業トークをされ、体験入居もせずにイメージだけで契約します。

 

これでは、いちかばちかの運任せです。

 

結果、入居して一週間もしないうちに「何か違う」「帰りたい」「こんなはずじゃなかった」と後悔することになります。他に新しい施設をみつけようとしても、なかなかみつからない。しかたなく、あなたも家族もあきらめます。

 

または、我慢できず契約から90日以内に契約解除(クーリングオフ)をしたけれど、一時入居金が返ってこない。または返還される金額が少ないなどのトラブルに巻き込まれてしまいました。

 

 

 

【失敗しない心構え】

 

・あせらない
・心と時間に余裕をもって探す
・必ず複数の施設の資料で比較と検討する
・親子で今後の生活について、しっかりと話し合う
・多くの施設やホームを見学する、体験入居する
・わからないこと、疑問点は解決するまで質問。あいまいにしない

 

です。

 

 

 

【申し込みの優先順位について】

 

介護保険三施設、ケアハウス、シルバーハウジング。これらを選びたいひとは、とりあえず申し込んでおきましょう。

 

なぜなら、これらは「空きがなく、待機期間が長い」「入所を決めるのは行政や施設側にある」ためです。

 

一方、有料老人ホームやサ高住などは全国に数多くあります。精神的・金銭的に余裕をもって、自分の条件にあう候補を絞り込んでいきましょう。

 

>>>保有資産の棚卸しをする


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら