老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

シニア向け分譲マンション【高齢者分譲マンション】

 

【シニア向け分譲マンション】(高齢者分譲マンション)

 

一般のマンションに食堂や大浴場などが整備され、24時間スタッフが常駐します。

 

関西地区を中心に、高齢者を対象とした分譲マンションが増えています。

 

高齢者が生活しやすいよう、バリアフリー性能を強化したり、介護サービス事業者をテナントに入れるなど、独自の工夫がされています。フロントにはコンシェルジュが待機し、いろいろな相談にのってくれます。

 

介護が必要になれば、訪問や通いなど在宅サービスを利用します。

 

最大の特徴は、通常の分譲マンション同様に売買、相続、賃貸することが可能なこと。所有権という強い権利で守られています。

 

制度上は、一般の分譲マンションなので、高齢者以外も購入・入居できます(60歳以上など、年齢制限を設けているところもあります)

 

 

 

【入居要件】

 

自立していて、身の回りのことができること。

 

要介護認定を受けているかたは、相談する必要があります。60歳以上など、年齢制限を設けているところもあります。

 

 

 

【費用】

 

初期費用目安(入居一時金)にあたる分譲価格は、1500万から1億円以上。月額費用の目安は、15万から数十万円。

 

一般のマンション同様、管理費、修繕積立金、固定資産税などもかかります。購入の翌年には、不動産取得税がかかることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

【シニア向け分譲マンションのメリット、デメリット】

 

所有権なので、入居者の権利が守られています。資産価値もあり、子どもに残すことができます。住みやすい環境や設備、サービスが充実しています。

 

デメリットは、購入費用が高額なことが多く、管理費も高額になりがち。重介護になった場合、住み替えが必要になることも。売却がスムーズにできない場合があっても、毎月の管理費や固定資産税はかかる。そして子どもが60歳以下の場合、相続しても住めないことがあります。

 

>>>老人ホームの選び方


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら