老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

住宅型有料老人ホーム

 

【住宅型有料老人ホーム】

 

食事サービスや、外出を手助けする生活支援サービスが付いた施設のこと。

 

軽度の要介護者、要支援者や、自立した生活ができる高齢者のための施設です。

 

ただし、介護は別サービスを利用。介護が必要なさいは、訪問や通いなど在宅サービスを利用します。

 

「特定施設」の指定がとりにくくなってしまったため、現在は住宅型の介護施設が増加しています。介護型の5倍から6倍とゆがんだ構成になっています。

 

食事やレクリエーション、イベント、サークル活動に力を入れており、入居者が楽しく生活できるようなサービスを充実させています。どちらかといえば、元気なうちに夫婦や友人と楽しく過ごすには最適な場所です。

 

自立できるうちは好きなことをして楽しく暮らす。介護が必要になれば外部サービスを利用して介護を受ける。要介護になったら住み替える、という流れが考えられます。

 

どちらにしても住宅型有料老人ホームに手厚い介護や生活支援、医療を求めるべきではありません。

 

 

 

【費用】

 

初期費用(入居一時金)は0円から数千万円。月額費用の目安は、15万から30万円。

 

 

 

【メリットとデメリット】

 

介護付きの有料老人ホームより、入居一時金や月額利用料が割安なのがメリットです。

 

特定施設の指定を受けていないため、重度の要介護状態になると介護サービスの自己負担分が多くなります。さらに医療が必要な重度になると、退去を求められる可能性もあるのがデメリットです。

 

 

 

【健康型有料老人ホーム】

 

シニアライフを楽しむための施設です。重度の要介護になると退去しなければなりません。施設の数は少なく。

 

初期費用は、数十万円から1億円以上。月額費用の目安は、20から40万円です。

 

>>>サービス付き高齢者向け住宅


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら