老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

介護付き有料老人ホーム

 

【介護付き有料老人ホーム】

 

都道府県から「特定施設入居者生活介護(特定施設)」の指定を受けた住宅で、介護が必要になればホームのスタッフが介護してくれます。

 

いわば「いつでも介護してもらえる、最期まで居られる老人ホーム」です。

 

介護付き有料老人ホームは2種類。

 

施設の職員が直接介護してくれる「一般型特定施設入居者生活介護」と、ケアプランの作成、安否確認、生活相談は施設の職員がおこない、介護は委託を受けた外部の介護サービス事業者がおこなう「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」です。

 

じっさいに外部サービス利用型で指定を受けているホームは、ほとんどありません。

 

入居時の部屋は、自立向けと要介護者向けがあります。

 

 

 

【費用】

 

初期費用目安(入居一時金)は、0〜1億円以上。月額費用の目安は、15万円から数十万円。

 

 

 

【入居時自立型、介護型、混合型の3つ】

 

定額で直接職員から介護が受けられる介護付き有料老人ホーム。利用者の入居時の身体状況によって、3つのタイプに分けられます。

 

・入居時自立型

 

入居時に自分のことができる人のみ入居できます。

 

・介護型

 

入居時に介護の必要な人が入居するところ。入居一時金ゼロのところは、この介護型です。

 

・混合型

 

入居する時に、自立状態でも要介護・要支援状態でも入居できます。

 

 

 

【メリットとデメリット】

 

メリットは、入居すれば、24時間、介護してもらえること。入居時自立型なら、介護が必要になっても、住み慣れた環境で介護が受けられる。認知症になっても対応してくれる。看護師がいて健康管理をしてくれる。

 

デメリットは、費用のしくみが複雑でわかりにくい。介護が手厚い分、上乗せで介護料を請求される場合もある。入居一時金が高額な施設もある。共同生活なので、食事時間など自由がないなど。

 

予定より早く退去したり、入居者が入居後まもなく亡くなると一時金の返還が少なく、トラブルになるケースもあります。

 

>>>住宅型有料老人ホーム


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら