老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

グループホーム

 

【グループホーム】

 

認知症と診断された要支援2以上(おもに軽度から中度)のひとが、9人から18人で共同生活する施設です。

 

症状の緩和を図ります。

 

認知症のひとは、人の出入りが多いところでは落ち着いて生活できません。なるべく環境を変えず、穏やかに過ごすことが大切です。

 

そこで、少人数の入居者と職員で家庭にちかい環境のなかで共同生活を営めば、穏やかな心の状態を保ち、認知症の進行が遅くなります。

 

自分で身の回りのことができて、他のひとへの暴力がなく、共同生活を営める人であることが入居条件です。

 

グループホームを利用するには、居住する市区町村の施設に直接申し込みます。

 

医師や看護師の配置が義務づけられていないので、常時医療が必要になると退去の可能性もあります。その場合、病院や介護付き有料老人ホームなどを検討します。

 

 

 

【費用】

 

初期費用(入居一時金)は、施設によります。月額費用の目安は、12万から20万円。

 

地価が家賃に反映しているので、立地がよいところは家賃も高くなりがち。

 

 

 

【メリット、デメリット】

 

認知症の人が落ち着いて共同生活が遅れます。家族は安心して任せられるので介護から解放される。家事を分担するなど、残存した能力を利用することで、認知症の進行を遅らせることができます。

 

デメリットは、要支援2以上でなければ入れない。寝たきりになると施設に居られなくなる。医師・看護師がいない。

 

>>>介護付き有料老人ホーム


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら