老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

軽費老人ホーム【A型・B型】

 

【軽費老人ホーム(A型・B型)】

 

身寄りがない高齢者のための老人福祉施設です。

 

特徴は、低額な料金で入所できます。A型は食事つき。B型は食事なし。C型(ケアハウス)もあります。所得によって利用制限があります。

 

軽費老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人などが設置・運営しています。

 

基本的に個室。介護が必要になれば、外部の訪問介護や通所介護を受けることができます。

 

 

 

【入所要件】

 

60歳以上で、身体機能の低下などにより自立して日常生活を営むことに不安がある身寄りのない人、家庭事情により家族との同居が困難な人などが入居する施設です。

 

要介護度が中度から重度になると、住み続けることが難しくなります。その場合、特別養護老人ホームへの住み替えを検討します。

 

 

 

【費用】

 

保証金0円から数十万円。月額費用の目安は、3万から17万円と幅があります。

 

 

 

【特定施設】(介護型)

 

介護保険制度が導入されたため、自立型の施設が特定施設の指定をうけて介護型に変わったところがあります。もちろん、最初から特定施設の指定を受けて設置された施設もあります。

 

特定施設ならば、車いすで食事つきの生活が可能になります。また看取りまで行ってくれて、最期までいられ、終のすみかとなるため人気があります。

 

施設によっては、入居退去者が数十人いるところもあります。

 

 

 

【メリット、デメリット】

 

メリットは、公的機関なので設備が充実している。総じて費用が安い。介護型ならば、要介護度があがっても住み続けられるところが多い。

 

デメリットは、介護型が人気で待機期間が長い。地域差によって入居しやすさ、しにくさがある。重度の要介護状態では、退去させられるところがあることです。

 

>>>軽費老人ホームC型(ケアハウス)


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら