老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

介護老人保健施設【老健】

 

介護老人保健施設(老健)は、病院を退院してから自宅に戻るためのリハビリを中心とした施設です。

 

医師と看護師が常駐。原則的に入所期間は3〜6か月。3か月ごとに入所あるいは退所の判定が行われます。

 

「老健」が、親の認知症からあなたを救う! 特養、サ高住、老人ホームはやめなさいによれば3か月ごとに入所・退所の判定はありますが、認知症など病状が回復していない場合は入所し続けることが可能です。

 

老健こそ、特養よりも安くて安全、快適な「終のすみか」かもしれません。

 

 

 

【介護老人保健施設の存在意義】

 

高齢になればなるほど、病気やケガで入退院を繰り返しがちになります。介護してくれる家族がいない、または退院して自宅に戻っても、すぐには元の生活をおくることが難しい場合があります。

 

そこで病院を退院後、自力でまた生活できるようにリハビリや医療ケアを老健では行います。老健は、介護保険法に基づいた介護施設のひとつとなります。

 

多くは医療法人が運営。病院や診療所に併設されています。

 

 

 

【介護老人保健施設の費用】

 

特養同様、公的施設なので入居一時金はかかりません。ただし、医師、看護師、リハビリ技師、薬剤師が常駐しているため、特養よりも月額費用は高めです。

 

相部屋(多床室)が月額10万円程度、個室が月額約15万円程度となります。

 

 

 

【介護老人保健施設の入所基準】

 

原則、要介護度1以上の65歳以上の高齢者が基本条件。そのほか、伝染病ではない、病状が安定し、長期的な入院を必要としない、リハビリが必要などです。 収入や資産が少ない場合も優先されます。

 

なお、40〜64歳でも、特定疾病に認定された場合には、入所基準を満たしているとされます。

 

 

 

【介護老人保健施設の退所基準】

 

入居中の介護認定の更新で、要支援もしくは自立となった場合、リハビリができなくなった、リハビリの効果がなくなった場合、他の入居者に危害や迷惑をかける行為をする場合など。

 

 

 

【特養の待機者が多い】

 

特別養護老人ホーム(特養)の待機者が多いため、第二の特養ともいわれています。

 

 

 

【老健のメリットとデメリット】

 

特養よりは入居しやすい、平日の昼間は医師が常駐している。看護師がいるので医療と介護の両方が受けられる。リハビリもできることがメリット。

 

デメリットは、レクリエーションなどが少ない。在宅復帰をめざす施設なので、基本は3か月しか滞在できない。終のすみかにはならない。

 

 

 

>>>介護療養型医療施設


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら