老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

特別養護老人ホーム【特養】

 

特徴は、安い費用で介護サービスが受けられ、終末期まで生活できること。日常生活での介護が受けられる、いわば公的な老人ホーム。

 

常時介護が必要で、介護する家族がいないため在宅での介護が困難な比較的重度の要介護者が生活するところです。

 

そのために待機者が多く、その数は52万人とも言われています。東京都では、施設によって入所まで2年から3年待ち。待機者が数百人いるところもあります。なお、都市部でも郊外、地方はすぐに入居できるところも見られます。

 

また、要介護3以上でなければ入所できません。

 

最近では個室化(ユニット化)が進んでいます。しかし、個室化によって居住費(部屋代)が上昇。特養に入所希望するひとが、入りたくても入れないデメリットも。

 

利用料の目安は、多床室(相部屋)が月額約9万円、ユニット型の個室は約14万円(要介護5の人が一ヶ月利用した場合)です。

 

待機者の半数以上は、多床室への入所を希望しているのに、新たに作られる特養の多くが個室なのも待機者が減らない原因のひとつです。

 

 

 

【かかる費用の目安】

 

公的な施設なので、有料老人ホームとちがって、入居一時金は必要ありません。

 

・一割の自己負担(施設サービス費)
・居住費(部屋代)
・食費
・光熱水費
・生活費

 

オムツ代は無料。月額費用の目安は、多床室が7万円台。ユニット型個室が12万円台となります。

 

 

 

【所得が低ければ居住費や食費が軽減されます】

 

所得の低いひとにかぎり、軽減が受けられます。申請して負担限度額認定証を交付してもらう必要があります。

 

 

 

【3か月以上、入院すると退去になることも】

 

配置医と呼ばれる医師が特養には配置されています。この配置医は健康診断などの健康管理のみ行います。

 

もしも高度な医療が必要になれば、特養から病院に入院することになります。3か月以上、入院すると退去になることもあります。

 

 

 

【特養のメリット、デメリット】

 

最大のメリットは、費用が安い。一度入居すれば、最期まで居られる終のすみかになる。看取りまでやってくれる施設がある。ユニットケア方式が増え、暮らしやすい。

 

デメリットは、入居待機者が多く、なかなか入居できない。重介護にならないと入居が困難。個室化しているため、月額費用が高くなっています。

 

>>>介護老人保健施設


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら