老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

老人ホームとは

 

老人ホームとは、高齢者が入居する施設を指します。日本では、老人福祉施設と有料老人ホームの2つがあります。

 

【老人福祉施設】(施設系)

 

老人福祉を行う施設のことで、老人福祉法や介護保険法で定められた老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センターとされています。

 

公的な介護施設で、このサイトでは「施設系」と呼びます。大きな特徴は、介護がついています。「介護がついている」とは、施設の職員から直接介護を受けられます。

 

ほぼ全国一律の利用料金で、同一のサービスが提供されます。高齢者施設、介護施設と呼ばれるものは、老人福祉法で規定される老人福祉施設と、介護保険法で規定された介護保険施設の2つ。

 

どちらも設置数や定員数も自治体で定められ、都道府県知事による認可や指定が必要になります。

 

とうぜん、運営方法についても、法律や規則で定められ、法律で定めた対象以外の高齢者は入所できません。

 

 

 

【有料老人ホーム】(住宅系)

 

常時1人以上の老人(65歳以上の高齢者)を入所させ、生活サービスを提供することを目的とした施設で、老人福祉施設でないものを指します。

 

おおくを民間の企業などが営利目的で運営しており、このサイトでは「住宅系」と呼びます。大きな特徴は、介護がついていません。介護を受けたい場合は、外部サービスを利用して介護を受けます。

 

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、シニア向け分譲マンション、ケアハウス・自立型、シルバーハウジングがあります。

 

高齢者の住居(住まい)なので、施設とはちがって運営する事業者が対象者をはじめ、価格、サービスの内容を自由に決められます。

 

もちろん一定の基準は定められており、事前の届け出や登録も必要です。

 

 

 

【制度外の住宅】(無届施設)

 

法律では、高齢者を対象とした住宅事業を行い、そこで食事や生活支援サービスを行う場合、有料老人ホームまたはサ高住として登録することが義務づけられています。

 

しかし届け出や登録をすると、行政の指導や監査が行われるため、これを逃れるためにあれこれと理由をつけて登録も届け出もしていない住宅があります。

 

ケアホーム、高齢者ホーム、グループハウスと、それらしい名前はついていても、有料老人ホーム、サ高住と明記していないところは無届施設と考えていいでしょう。

 

>>>介護保険三施設とは


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら