老人ホームの費用で後悔しない3つのポイント

【無料】老人ホーム選びで後悔しない方法

こんなはずじゃなかった!
まず比較。無料で全国30万件以上の介護事業所資料を一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら

その契約ちょっと待った!老親だけで契約しないで、させないで!

 

有料老人ホームを巡るトラブルで最も多いのは、お金です。

 

とくに、解約時の入居一時金などの返還問題です。

 

短期間での死亡による退去、入居前の解約なのに、入居一時金が返還されない、あるいは返還される額が非常に少ないというトラブルが目立ちます。

 

国民生活センターによれば、トラブルで相談した消費者の平均年齢は75歳。相談者の住む地域は関東が多く、契約購入金額では、1000万円以上5000万円未満が最も多くなっています。

 

また、トラブルはお金だけではありません。たとえば、施設職員による高齢者のイジメや虐待が社会問題になっています。

 

厚生労働省は、2014年度に特別養護老人ホームなどの介護施設で発覚した職員による高齢者への虐待は300件と発表しました。前年度より35%も増加しています。

 

過酷な労働にみあっていない、職員の低い給料が虐待の原因の一つと言えるでしょう。

 

 

 

【終のすみか選びで失敗しないために】

 

ほとんどの人は、いつまでも住み慣れた自宅で暮らし続けたいと考えています。

 

その一方で、もしも介護が必要になれば「家族に迷惑をかけたくない」「子供に介護をさせたくない」「お金を出すから、他人に面倒をみてほしい」という思いもあります。

 

そこで、高齢者施設や高齢者住宅への住みかえを考えます。

 

近年、公的な介護施設である特別養護老人ホームや、民間事業者が経営する有料老人ホームなど、高齢期の住まいの選択肢はとても広がりました。

 

しかし、それらの違いや在り方はとてもわかりにくく。そのため、高齢者は自分が求めているものと違うホームと契約し、トラブルに巻き込まれてしまいます。

 

安心してください。

 

このサイトでは、人生最後の大きな買物でもある老人ホームの選び方で失敗しない、後悔しないポイントをわかりやすくお教えします。

 

 

 

【この3つのポイントをおさえれば大丈夫!】

 

・自分の健康状態や資産の棚卸しをしっかりする。これだけは譲れない、してほしいことを決める

 

・複数の有料老人ホームや高齢者住宅の資料をとりよせ、費用やサービス内容を比較・検討する

 

・子供と一緒に、3か所以上の老人ホームを見学する。体験入居で雰囲気などを確認する

 

高齢者にありがちな相手(事業者)への遠慮は不要です。

 

気になること、不安に思うことはしっかりと聞いて、書面に残しましょう。それが、終のすみか選びの基本です。

 

>>>老人ホームとは


【無料】有料老人ホーム選びで失敗しない方法

話がちがうじゃないか!
まず資料で比較検討。無料で全国からパンフレットを一括請求!

>>全国の老人ホーム・介護施設や有料老人ホームの検索はこちら